読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常と非日常の生活。

日常の事象、非日常の現象を書いていきます

blueberry girl

遊歩道歩く帰り道途中で見つけた名も無き姿 優しい目をしていた

下北高架線潜ってふわり隘路を歩いてみた 君の町が少し思い出させるんだ

 

ありえない風に吹かれて気化したあの娘は

文学的推敲に身を任せて踊っていた

ありえない風に苛まれ戸惑う僕は

文学的思想を読み進めては迷った

ありえない風に吹かれて笑ったあの娘は

文学的思考に口を開けて笑った

ありえない風に吹かれて気化したあの子は

波風に声を奪われて死んだ

死んだ

 

夕暮れ伸びる影一つ手のひらの中に吸い込まれた 繋いだ左手の中

下北小田急乗り換えて二人町を出てこうとした 

 

『誰かのジオラマの中で生きている感覚がした』

 

ねぇ、私のこと覚えている?夜の淵を駆け巡った事

あぁ、あの後考えたんだ今までを全部本にするって

僕は大胆にそう答えた

 

ありえない風に吹かれて気化したあの娘は

文学的推敲に身を任せて踊っていた

ありえない風に吹かれて気化したあの娘は

青い青い青いあの娘は

波風に漂って空に浮いた 

空を飛んだ 空を切った

風に吹かれた