読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常と非日常の生活。

日常の事象、非日常の現象を書いていきます

刹那に冬

今日も飽きるくらい寒い日の午前2時

街灯の光一つ 暗がりに溢れてる

前日は晴れでした 一昨日も晴れでした

本日は珍しく 雨が降る雨が降る

 

揺れていた花飾りは 誰の為何の為

手探りで惰性日々 繰り返し日々浪費

自分に嘘ばかりついて生きてきたつまらない人生だ

恨むこと悔やむこと そんな人生を僕は歩んでた

 

悲しみの中に埋もれた絶景を君はまだ覚えている?

こんな寒い空の下で手を取ってポケットに入れて

悲しみの上に降り積もる雪がほら まだ僕を濡らしている

白妙の風景街を通り過ぎて いつまでも眠っている

 

不意に降る粉雪が舞う午後2時

傘を差し肩濡らす昔の僕を思い出した

 

寒い日の夜に思い出す

思い出す

 

悲しみの中に埋もれた絶景を君はまだ覚えている?

白い地の上になぞった合言葉を 僕はまだ覚えている

悲しみの中に訪れる感傷を 僕はまだ覚えている

白妙の風景街を通り過ぎて いつまでも眠っている

 

十二月に眠っている

 

2015/12/24