読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常と非日常の生活。

日常の事象、非日常の現象を書いていきます

白昼夢

いつかきっと共に歩く

そんな話少し懐かしいよね

 

僕はそうやって歳をとって

降りかかる焦燥を隠せなくて

昔の話だと知っていても

子どもに戻れない

 

いつも夜明け二人歩く

そんな日々が続く

そう願っていた

 

いつだってほらそこにあるのは

見え隠れしたあなたの姿で

理由もなく空から落ちた

そんな日々だ

いつかはまた逢えるだろう君と

手を繋ぐ姿忘れる前に

明日になれば終われるのかな

そんな日々だ

 

僕はそうやって歳をとって 

覚めない夢から逃げることしか

出来ずにただ彷徨っているだけ

君とずっと一緒にいられたらなんて

夢のような話忘れてしまって

それでもいいよ手を繋ごうよ

ねぇ

 

僕は本当に歳をとって

襲う感情が嬉しく思えて

それじゃまたね手を振って僕は夢から覚めたんだ

 

子どもに戻れない

 

 

2013年3月