読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常と非日常の生活。

日常の事象、非日常の現象を書いていきます

メリアに花を

八月は何度も繰り返し来るんでしょう 巡る草木生い茂って揺蕩うまで過ごした

眺めていた雲が霞んで遠くなった ふわりふらり追いつけなくて佇むだけの僕だ

暮れに揺れた暁と香ばしいコンクリート 日の照る町の中揺らぐ陽炎を見つめていた

 

淡い淡い記憶の隅に 残る眷顧

灰色の夢

消える消えるプカプカ消える 君の香り泡沫のようだな

 

八月は何度も繰り返し来るんでしょう 眠る風に朝日の憧憬 浮かぶ雫日焼けた白紙

目覚めていた雲がいつの間にか近くに感じた

晴れた今日に逆さまの蝉 

少しだけ悔しくなった

 

「何度目の夏だろう」

 

日は翳り、蜩が鳴き、君の姿が途絶える。綺麗な影も風に乗るその香りも

「揺れている、誰のために?」

飾り付けられた髪、風と泳ぐ睫毛。砂の城で遊んだ手、水に怯えた足。

雨と跳ねる肌、幸せを得ようとした目。脆く儚い笑顔、取ってつけたような心臓。

 

蜃気楼はいつまでも彼女を教えてくれた。

 

陽炎は揺れる。欺瞞を背負い、記憶を掴む。

届くことのない言葉は次第に口から溢れていく。

夏を殺してしまったあの日に、また戻れたらいいのに。

「だから夏は嫌いなんだ」

辟易とする暑さ、朦朧とする意識。いっそ波と消えてしまおう。この花を手土産に。

水底へと消えてしまおう。綺麗に育つといいな。二人きりを口実に。

「君に似合う花を見つけたんだ」

スカートは揺れる

水面は光、太陽は水平線へ消える。そこにあるのは拙い一つの花と静寂だけ。

暮れに揺れた暁と、残照に飲み込まれた。

「一人じゃないよ」

嫋かに霞む月がいつも水中を照らす。

優良な画廊に飾られていた一輪の花も同じ場面で切り取られた。これで夏は終わりさ。

 

「素敵な名前だね」

 

「愛していたよ」

 

 

青い青い花弁は風に 吹かれ惑う行方知らずに

光り惹かれ集まり翳る 君の姿泡沫のよう

 

水中から見る町の隙間

「ユレウク」

淡々と流れる

いつだって底は青く未完成で

「mellia」

一輪手向けた

 

八月は何度も繰り返し来るんでしょう

八月は何度も霞んで遠くなるでしょう

八月は何度も。

 

 

2016/08/27

 

元日

が明けました。あけましておめでとうございます。

 

昨年から生活環境が変わり、新しい体験を様々通り抜けてきました。とても有意義な1年間だったと思う。

 

個人でも沢山やってるので、色々なものを手に持っては抱え込みながら高速道路を駆け足で通り抜けてきたような、そんな感じで、あっという間に1年って過ぎていくんだなあと。

 

学校でやってる事だけでも十分忙しいんだけど、なんか、もしかしたらただ暇が苦手星人なのかもしれない。とにかく1年通してずっと自分を追い込んできた、そんな366日。

 

このブログも、そんな中書いてるのがまた面白い所で。

 

た1つ足跡を傷跡として残していかなければ1年が始まった。

自分は物を作る側の人間なので、自由にとは言えないが、なるべくなら自分の作りたい

 

物を作っていきたい。それは絵でも音楽でも。

 

みんなはどんな物を作っていくのだろうか。それが今一番、楽しみで仕方がない。

この環境に来て、やっと自分が本気で戦えるフィールドに着いたという感じがした。

4月から12月の8ヶ月間を通して、今まで自分があまり口にも顔にも出さなかった自己の力を、少なからず僕が一番出来るんだと自負してた自己の力を、こう重たい米袋か何かで殴られた気持ち。それがとても嬉しかった。

 

ワクワクしたのが凄く感動的というか、すげえ!!!ってなったんだよな。こんな身近に、同い年で、すげえすげえ!!!!っていう。今までそんな事、ほとんど思った事なかったから。

自分の至らない部分を見直すいい時間にもなった。非を直視して認めようと思った。まだ努力は出来てないけど。

 

だから絶対に負けない。絶対に倒す。倒すぞ全員。ぶん殴ってやる。

 

クリエイターは作品で語り作品で殴れ。

 

これは僕の根底にある、昔から大事にしている言葉の1つです。

 

だからみんなで殴り合いをしよう。

 

本気の殴り合いを。

 

 

 

あけましておめでとう、今年もまた1回り強くなれたら嬉しいな。

 

 

 

 

おわり

 

f:id:garakutaya:20170102003332j:plain

 

 

 

泡沫の行方


たった一つを求め続けて
彷徨う僕たちは
歩いているよ眠れぬ夜を
悪戯に過ごした

誰も知らない世界を探していた
何処かに置いてきた忘れ物
探していた

足元密か咲いた花に 名もなき唄を届けるよ
ただ一つだけ 老いた声を
あるがままに 押しつけた
泡沫に消える

瞼に映る滑稽な
影はもう還らない

誰も知らない花を探していた
僕が落としてきた宝物
揺れていた

朧な姿何も見えず 憂う僕らは夜を行く
今言葉一つ置いて歩いた 沈んだ空に浮く声

足元密か咲いた花に 名もなき唄を届けるよ
ただ一つだけ老いた声を あるがままに 押しつけた
僕らを知らせた声も

泡沫に消える

晩夏、君に似た陽炎

背伸びした影が渦巻く 陽炎は幻のようで

暮れだした夏はまだ暑い 懸命に生に縋る日々

 

空を見上げ涙流してまた今日も駄目だと囁いて

気化した涙が降らす雨は、既に幾千年前の物で

それで暗澹と揺らぐ僕らもう疲れ果ててしまったと嘯いて

何も見えない、何も知らない

それまで生きた自分を恥じる

 

水を被って喉潤して 出た言葉を憶えてるのかい?

 

世界を象る入道雲は自分の住処も知らない侭で

ここにいるんだ

 

 

太陽が嗤う正午過ぎに 冷えた部屋で寝転ぶ日々

足元には消えかけた生命 そんなもんは気にしていらんないや

 

海を眺め哀愁を侘びて知らぬ間に時は過ぎ去って

涸らした眼を潤すのは、もう幾万年前の雨で

それで感嘆している僕はきっと今迄通りに嘘を吐いて

君は見えない、愛は知らない

朱炎の陽射しは突き刺さる。

 

誰かが生きてた人生で そこに在るのは唯の愛着で

僕を知らない愛はもう消えてしまったんだ

 

 

たわいもない世界の色や染まりきった僕との愛情も

それら全て三十二度の幻だったって言うのかい?

ありったけ生きた八月も君と共に終わってしまうだろう

だから愛想笑いをしてあげよう

こんな真夏の日だからなどうせ

 

僕は陽炎で見えないだろう、きっと

 

 

 

『夏に浮かんだ小さな灯り、それは蜃気楼が見せた欺瞞かそれとも居る筈の無い記憶か。

辟易とする暑さに蝕まれた身体は、いつしか乖離していき、朦朧とした意識の中で
吝嗇な自分の行いを端から悔いる』

 

 

www.nicovideo.jp


八月三十二日

うすぐ夏が終わる

 

いつの間にか気温が涼しくなっていて、8月に一週間冷房をつけずに生活をしたのは、おそらく今までで初めてだったと思う。

 

涼しくなってからは一日の時間が少し短くなったような気もした。外がずっと曇っているからだろうか。寝て起きたらすぐ寝ているような感覚に陥る。

 

8月に一度ブログを更新したと思ってたんだけど、これっぽっちも更新してなかったから申し訳程度に月末更新。

 

 

 

 

 

年もROCK IN JAPAN FESTIVALに行ってきた。

 

去年の経験を活かして、今年は見たいステージをスムーズに見ることが出来たし、しっかり休憩も取れた。経験から学ぶ事は大切だと気づいた。

 

昔から大好きなBUMP OF CHICKENのライブを生で見ることが出来た。今までライブに行きたくても行けなかっただけあって、凄くデカイ存在に感じたし、実際ものすごく大きかった。すげぇんだぜバンプって。

 

また近いうち、見れたらいいなあ

 

 

 

 

 

八歳になりました。

早いもので

 

このまま十代もすぐに終わりそうで少し怖い。やり残した事は3000メートル級に積み上がっている。

 

自分の意思とは関係なく歳は食う。大人になりたい子供もいれば、子供のままでいたい大人もどきの少年少女もいる。

 

幼い気持ちはとても大切だけれど、人は必ず成長しなくてはならないし、成長してしまう。幼い時に経験をして、そこから新しく学ぶ。それを繰り返して大人になっていくんだと思っている。自分はまだ大人子供マンなんだろう。アンチノミーを含んだ人間の一端だ。

 

18歳という節目を迎えて、成長を感じる部分もあれば、昔から変わってないなぁと感じる部分も多々ある。個性はいつまでも幼いままなんだ。

 

 

 

 

 

く事話すことが支離滅裂としてしまう。いつもは何処かに一貫性を持たせているんだけれど、今日は特例だ。なんてったって夏休みの最終日だからね。大目に

 

 

夏休みの宿題をやらなければ、いつまでも夏休みが続くんじゃないかと考えた事があった。次元が歪んで時が戻るとか、そういうのじゃなくて、単にそれを言い訳に学校に行かないという手段を思いついた。天才だと思った。

 

 

今年の夏休みは何一つと課題が出なかった。そうだ、夏休みはしっかり31日で終わるんだ。

 

 

 

経験から学ぶ事はまだまだ沢山ある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり